ダイエットサプリ・ピンキーの効果

ダイエットサプリ・ピンキーには、主要な三つの成分があります。
それは、「バイオペリン」「共役リノール酸」「レスベラトロール」です。

 

バイオペリンは、黒コショウを抽出したエキスであり、アメリカの企業が商標登録している名称でもあります。
これは、サプリメント成分の吸収率を30〜60%も向上させる効果があります。
コエンザイムQ10の効果を高める働きをするなど、ダイエット効果の間接的な向上が狙いです。

 

共役リノール酸は、肥満防止や脂肪燃焼などの効果があります。
これは、トランス脂肪酸に分類される成分ですが、一般的なトランス脂肪酸とは違う効果があるため、規制している国はほとんどありません。
レスベラトロールは、ポリフェノールに分類される成分であり、脂肪の吸収を抑える効果があります。

 

しかし、ダイエットサプリ・ピンキーを実際に試してみた感想としては、「劇的な効果はない」という物が目立ちます。
とはいえ、実際のところ、サプリだけでダイエットをするのは非常に困難です。
脂肪を分解した後、有酸素運動をして燃焼させることで、サプリ本来の効果が発揮されるからです。
ピンキーには、脂肪の分解や燃焼を促す成分がしっかり含まれているので、運動しながら摂取することを心掛けましょう。

 

おすすめ!富士フィルムのダイエットサプリ・メタバリア